不登校に関する相談をしたいとき

お子さんが学校に行きたがらない、行くのを止めてしまった場合は専門の相談機関に話してみましょう。


不登校はワガママと捉えられがちですが、本人は深刻に悩んでいるケースもあります。

SOSのサインかもしれませんので、無視せず様子を見てあげてください。

有名なAll Aboutについての情報はこちらです。

不登校児本人も悩んでいますが、その姿を見ているご家族も苦しいはずです。



そんなときは一人で我慢をせずに、相談をしましょう。

できれば、不登校の問題に詳しく、悩みに寄り添えるような相談員がいるところがいいでしょう。スクールカウンセラーや専門期間など、社会復帰や能力育成に力を入れているところがたくさんあります。
不登校になる理由は人それぞれで状況や環境も違います。

不登校の相談の正しい情報を手に入れましょう。

一概に適応能力が乏しいから、集団生活に向いていないから、とひとくくりに出来るものではありません。
「学校に行けないのか」、それとも、「行かないのか」を見極める必要があります。

非常にデリケートな問題なので、広い視点で物事を見られる人に相談するのが一番です。


専門の機関であれば、様々な不登校児をサポートしている人が多いので、有効なアドバイスを貰えます。


勉強面でのサポートだけではなく、社会復帰に関する訓練なども行っているので、学校に戻りやすくなります。
この他にも家族に対するアドバイスや接し方、考え方などのサポートもしていますので、気分的にも楽になります。家庭内だけで全てを抱え込まずにプロの力を借りましょう。